あつぎ内視鏡・内科クリニック 〒243-0018 神奈川県厚木市中町3-12-1 厚木国際ビル7F TEL:046-223-4976

胃内視鏡

このような方は胃カメラを受けましょう

  • 吐き気、胸やけ、腹痛がある
  • 空腹のときにみぞおちに痛みがでる
  • タール便(黒っぽい便)が出た
  • バリウム検査で要精密検査が出た
  • 喉に何かつかえた感じがする
  • 慢性胃炎の方
  • ピロリ菌がいると診断された
  • 咳が止まらない

上記の症状が該当される方は胃カメラ検査を早めに受けましょう。胃カメラ検査を受けることで消化器疾患の診断や治療ができ、胃がんの早期予防に繋がることもあります。

胃内視鏡(胃カメラ)

当院では、患者さんが眠っている状態で検査を受けられる、苦痛や痛みを抑えた胃内視鏡検査を行っています。検査中は、鎮静剤を使用して寝ている状態なので、検査時の苦痛や恐怖を感じることなく、目覚めた時には検査が終わっています。
検査にかかる時間も、およそ10分程度と短時間のうちに終了します。
検査中に苦痛がなくリラックスした状態なので、色素法や特殊光観察などの時間がかかる検査も、しっかりと丁寧に行うことができます。そのため、ミリ単位の小さな病変も、見逃しがなく発見することができます。 ※鎮静剤を使用される方は、麻酔薬を口にためたり、喉の奥にスプレーを吹きかけるといった喉の麻酔は行いません。嘔吐反射が強い方も、安心して検査が受けられます。

当日、空いた時間に受けられる胃内視鏡

受付患者様の利便性向上のために、当院では当日の内視鏡検査にも柔軟に対応できるように体制を整えています。
緊急性が高いと医師が判断した場合は、当日でも検査ができるように調整をいたします。状況に応じて、医学的に緊急性を欠く場合には、当日での検査に対応致しかねる場合もございますので予めご了承の上、事前にお電話をいただきますようお願いいたします。
内視鏡検査は、早期実施が重要となります。当院では、可能な限り検査をご希望の方に早期に検査を受けていただけるように、当日の空き枠対応にも積極的に対応しております。キャンセル待ちについても対応していますので、ご遠慮なくご相談ください。

胃内視鏡検査の流れ

Step1ご予約

胃内視鏡は、午前中の検査になります。1日でできる検査には限りがありますので、当院では予約制としております。
一度、受診していただき検査予約をお取りください。どうしてもお忙しくて受診が難しい方の場合は、ネット予約もございますのでご利用ください。
また、予約に空きがある場合は、受診当日での検査も可能です。当日検査をご希望される方は、事前にお電話で予約枠に空きがあるかを、お問い合わせください。

Step2検査前日、検査当日の朝

受付検査前日の午後9時以降の飲食は、なるべくお控えください。 当日の朝は、お水やお茶などの透明な水分を少量接種することはできます。(牛乳やヨーグルトなどの乳製品の摂取は控えてください。)
高血圧や心臓病、喘息のお薬を飲まれている方は、検査当日の朝も内服していただいて構いません。
内視鏡検査時には、必要に応じて粘膜組織を採取して病理検査を行う生検を行う場合があります。そのため、血液をサラサラにする作用がある抗凝固剤を服用中の方は、インターネットでの予約を受け付けておりません。事前に、外来受診をお願いいたします。
唾液や検査用青色色素によって、検査中にお洋服が汚れてしまう場合がありますので、襟元がゆったりとして、多少汚れてもかまわない服装でご来院をお願いします。

Step3来院後

外来にて予約をお取りの方は、受付で胃内視鏡検査希望の旨をお申し出ください。すぐに検査の準備をさせていただきます。インターネット予約や電話予約、初診の方は、先に診察を受けていただいてから、検査となりますので予めご了承ください。
腹痛などの症状がある場合は、問診、診察の後に胃内視鏡検査が必要かどうか医師が判断の上、必要があれば検査を行います。
胃内視鏡検査では、お着換えの必要はございません。検査前に、消泡剤(胃の中の泡やたんぱく質を除去して、観察がしやすくなる液体)を服用していただきます。検査ご案内まで、リラックスしてお待ちください。
※検査の際に、お洋服が汚れる場合があります。検査着をご希望の方は、スタッフにお申し出ください。なお、検査着のご提供は有料となります。

Step4胃内視鏡検査

カメラ検査ベッドに横向きで寝ていただきます。モニターを装着して、血圧や血中酸素飽和度を測定します。検査用マウスピースを口にくわえていただき、動かないようにゴムバンドで固定します。
準備が整い次第、点滴ルートから鎮静剤を適正量注入します。検査中は、意識がなく検査自体は5~10分程度の短時間で終了します。
※検査前に、スプレーやゼリーなどの咽頭麻酔は、通常行いません。

Step5検査終了

検査が終了したら、覚醒していることを確かめるために指名と生年月日をお伺いします。覚醒の確認が取れたら、検査室からリカバリー室まで歩いて移動していただき、鎮静剤がしっかりとなくなるまで十分にお休みしていただきます。 すっきりと目が覚めている状態で、検査時に撮影した内視鏡写真をモニターで確認しながら、検査結果を医師がご説明します。

生体組織検査

内視鏡検査時に、粘膜組織を採取した場合は稀にしばらく経ってから出血が起こることがあります。検査時に生検を行った方は、当日のアルコールや香辛料など刺激の強い食べ物はお控えください。

鎮静剤の使用について

当院では、内視鏡検査時の不安や緊張を和らげるために、鎮静剤の注射を行っています。鎮静剤は、効果に個人差があり眠気やふらつきが検査後も残る場合があります。検査後にご帰宅される途中で事故に遭わないために、検査後の車やバイク、自転車等の運転は控えてください。検査後は、鎮静剤の効果がなくなるまでしっかりとお休みいただいてから、ご帰宅していただくようにお願い致します。

料金表

胃内視鏡検査

保険:1割負担 保険:3割負担
胃内視鏡検査(観察のみ) 2,000円前後 6,000円前後
胃内視鏡検査+生検+病理組織検査 3,000~4,000円前後 9,000~12,000円前後

※金額は概算になります。事前検査分(血液検査等)は含まれておりません。

24時間WEB予約はこちら
一番上に戻る