あつぎ内視鏡・内科クリニック 〒243-0018 神奈川県厚木市中町3-12-1 厚木国際ビル7F TEL:046-223-4976

下剤を飲まない大腸内視鏡検査

大腸内視鏡に対するこんなお悩みありませんか?

  • 下剤が口に合わずに大量には飲めない
  • 下剤の量が多すぎて全部は飲み切れない
  • 下剤を飲むことに抵抗がある
  • そもそも水分をたくさん飲めない

こうしたお悩みや不安がある方に向けて、当院では下剤を飲まずに受けられる大腸内視鏡検査を行っています。

下剤を飲まずに受けられる大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査では、見落としをゼロに近づけるため大腸をきれいにしておく必要があります。通常は前処置として2ℓの下剤を飲んで、腸の中をきれいにしています。実際、これほど大量の水分を2時間程度で飲み切るのは大変です。また味が口に合わない場合には、飲むこと自体が大きな苦痛になります。
当院ではこうした患者様への負担を軽減するために、下剤を飲まずに受けられる大腸内視鏡検査を行っています。嫌な味を我慢しながら大量に飲む必要がありません。下剤を飲まずに受けられる大腸内視鏡検査には次の2種類の方法がからお選びいただけます。

選択肢1:内視鏡的洗浄液注入法

胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同日に受けていただき、胃内視鏡検査時にスコープを通じて下剤を直接注入します。2~3時間後に排便が落ち着いたら前処置は終了です。大量の下剤を我慢しながら飲む必要がなく、短時間で前処置が終わり、楽に検査を受けられます。副作用などが起こったことはなく、安心して検査を受けていただけます。

メリット

胃内視鏡検査中のウトウトした状態で、下剤を内視鏡で直接流し込むため、大量の下剤を飲む必要がなく、味に悩まされることもありません。

デメリット

検査当日、大腸内視鏡とは別々に胃内視鏡検査を受ける必要があります。胃内視鏡検査が保険適用されない場合には、ドックの胃内視鏡検査料金をお支払い頂きます。
内視鏡的洗浄液注入法は年齢制限を設定しており、70歳までの方を対象とさせて頂きます。例外もありますので、高齢の方でも外来診察時にご相談ください。
また注入する下剤の量は一定であるため、追加で下剤を服用して頂く場合もありますのでご了承ください。

選択肢2:鼻チューブ法

鼻から細いチューブを挿入して胃に直接下剤をゆっくり流し込みます。下剤のいやな味を感じることはなく、大量の液体を飲み込む苦痛もありません。挿入に際しては、チューブは細く鼻の麻酔を行うためスムーズに挿入でき痛みはありません。下剤を飲むことに抵抗のある方は、ぜひこの方法をお試しください。
また胃内視鏡検査が必要ないため、費用も内視鏡的洗浄液注入法に比較して、安価に抑えられます。

メリット

大量の下剤を飲む必要がなく、味を感じることもありません。
内視鏡的洗浄液注入法よりも安価に受けられます。
「必要性がない場合、胃カメラ検査を受けずにすみ、検査時間も短縮できます。」

デメリット

キシロカイン(局所麻酔薬)を使用するため、キシロカインアレルギーがある場合は行えません。
鼻からチューブを通す際に、鼻に水が入ったようなツンとする感触があることがあります
材料費として大腸カメラ検査費用とは別に、3,300円(税込)が必要です。

下剤を飲まずに受けられる大腸カメラ検査の流れ

Step1ご予約

大腸カメラは必ず事前に検査前診察を行います。まずは外来を受診していただき検査の予約をお取りください。ネットに仮予約をされている方は、検査予定日2週間前までに受診をお願いします。なお、期間内に診察にいらしていただけない場合、検査予約は自動的にキャンセルされご予約当日の検査を受けることができません。
ただし、下血があるなど緊急性が高い場合には、当日検査を行うこともあります。そのため、症状があって受診される際には、朝食を食べずにいらしてください。

ご注意

大腸内視鏡検査では、病理検査のために検査時に大腸の粘膜組織を採取することや、検査中に発見した大腸ポリープを切除する日帰り手術を行うことがあります。血液をサラサラにする抗凝固剤を服用されている場合、採取や切除の傷からの出血が止まらなくなる可能性があります。そのため、こうした薬剤を普段から服用されている場合、必ず事前に医師にお知らせください。

Step2ご来院(検査日)まで

数日前から腸管に残りやすいキノコ類、こんにゃく、野菜などの摂取をできるだけ控えます。検査前日夜は消化のいい白粥や素うどんなどを夜9時までに済ませ、当日朝は朝食をとらずにご来院ください。

Step3ご来院~下剤注入まで

受付を済ませたらご案内いたします。
内視鏡的洗浄液注入法の場合は、検査着にお着替えして頂き朝1番で内視鏡検査を行います。ウトウト眠っているような状態で検査を行い、最後にスコープを通じて十二指腸に下剤を注入します。
胃カメラ検査を終えたら10~20分程で目が覚めます。排便は覚醒後すぐに始まる方から1時間ほどかかる方までいらっしゃいますが、排便開始後2時間程で落ち着きます。気になることがありましたらお気軽にスタッフにお尋ねください。
鼻チューブ法では、麻酔薬(キシロカイン)を使用してから鼻からチューブを挿入します。痛みや違和感ができるだけ起きないよう、きめ細かく配慮しながら挿入します。
胃まで到達したら下剤を注入しはじめ、注入開始後30~60分ほどで最初の排便が始まり、2時間ほどで落ち着きます。
いずれの方法も便や残渣があると検査の精度が劣化しますので、看護師が便の状態を適宜確認し注入だけでは洗浄効果が十分でないと判断した場合には、追加で下剤を服薬していただくことや浣腸を行うこともありますのであらかじめご了承ください。
排便が落ち着き大腸の洗浄が済みましたら大腸内視鏡検査を行います。

Step4大腸内視鏡検査

まず検査ベッドにあおむけに寝て頂き、血圧、血中酸素飽和度を計測するモニターを装着し全身状態を確認します。確認後左を下にして膝を90度にかかえて横になって頂き検査の準備を整えます。すべての準備が完了後、麻酔を開始し検査開始となります。麻酔は体格に合わせてウトウトする程度に調節しながら注射します。麻酔薬を注入する留置針(点滴の針)を入れるタイミングは、検査室入室前に採血テーブルで入れる場合と、検査室入室後ベッドの上でいれる場合と患者さまの様子を拝見して決めています。ご希望がある方は看護師に申しつけください。
検査の所要時間はおおむね20~30分程度ですが、多数のポリープを切除する場合などではすべてのポリープを切除するために1時間を超えることもあります。検査時間の長短に関わらず、検査中は眠った状態で受けられますので、たとえ検査が長くなろうともご心配にはおよびません。

Step5検査終了

検査終了後、ぼーっとしてますがすぐに目が覚めます。覚醒を確認後、リカバリールームまでベッドのまま移動し、しばらくベッド上でお休みいただきます。平均15分ほどですっきりと目が覚めます。ポリープを切除された方はここで傷の治癒を助ける水素ガスを15分ほど吸入していただきます。鎮静効果が消えましたら、お着替え済ませお茶を飲みながらゆっくりして頂いたのち、診察室で検査画像を用いて本日の検査結果をわかりやすく説明いたします。質問がありましたら、お気軽にお尋ねください。

費用

下剤を飲まない大腸内視鏡検査の費用は、基本的に通常の大腸内視鏡検査の費用と変わりません。ただし、内視鏡的洗浄液注入法の場合には胃内視鏡検査費用と、特殊な検査着費用として1,100円(税込)も必要になります。また、鼻チューブ法では、材料費として別途3,300円が必要です。

大腸内視鏡(大腸カメラ)検査・手術費用

保険:1割負担 保険:3割負担
大腸内視鏡検査(観察のみ) 2,000円程 6,000円程
大腸内視鏡+生検+病理組織検査 3,000~5,000円程 9,000~15,000円程
大腸内視鏡+ポリープ切除+病理組織検査 7,000~10,000円程 20,000~30,000円程

※金額は概算になります。事前検査分(血液検査等)は含まれておりません。
※大腸ポリープを切除すると「内視鏡手術」として生命保険の還付金がおりる場合があります。生命保険や医療保険に加入されている方は、保険会社にご確認ください。

24時間WEB予約はこちら
一番上に戻る