あつぎ内視鏡・内科クリニック 〒243-0018 神奈川県厚木市中町3-12-1 厚木国際ビル7F TEL:046-223-4976

内視鏡検査

内視鏡検査

大腸内視鏡

当院では、最大限に苦痛を軽減するために、水浸法による内視鏡検査を行っております。
水浸法は空気の代わりに少量の水を利用することで、空気による腸の過膨張をなくし、腸を伸ばさずに挿入できるため、痛みを感じにくい検査法と言えます。さらに軽く鎮静剤を使用することにより、うとうとした状態で検査を受けられるため、「いつの間にか終わっていた」と大多数の患者さんが言うほど苦痛のない検査を行っています。
検査時間は20分位で、ポリープの同時切除も行います。ポリープ切除後の入院は、基本不要で、制限はありますが翌日から日常生活が可能です。また、検査後すぐに電子内視鏡画像による結果説明をいたしますので、不安を翌日に持ち越すこともありません。

当院では検査を受けて頂く方へ水素水をご提供しています

患者様の健康を少しでもサポートできたらとの願いより、当院では水素水を提供しております。大腸内視鏡検査を受ける際には、2ℓの前処置薬から水、お茶に至るまで水素水を使用し、検査で受ける心理的、肉体的ストレスから発生する活性酸素を最大限軽減できるよう配慮しています。また検査で生検、ポリープ切除などの観血的処理を施した場合には、傷口で大量に発生する活性酸素を除去し速やかに傷口が修復されるよう、酸素吸入の要領で水素の吸入を行っております。

胃内視鏡

当院では、鎮静剤を使用することで痛みや苦痛のない内視鏡検査を行っております。患者さんは眠った状態で検査を受けられるので、苦痛や恐怖感を感じることなく、目覚めた時には検査は終了しています。
検査時間は、10分位と短時間で終了します。
当院の検査のメリットは、患者さんに苦痛が無いため、色素法や特殊光観察など時間の掛かる検査も落ち着いて確実に行えるため、ミリ単位の小さな病巣の発見率が高まります。
また当院採用機種の経口ハイビジョン内視鏡は、口径の大きさ活かした広い視野と高画質の画像が得られるため、死角になりやすい部位もより確実に発見することが可能です。
*鎮静剤を使用し検査を受けられる方には、通常のどの麻酔(ゼリーをお口にためたり、のどの奥にスプレーをかける処置)は行いません。 咽頭反射の強い方でも安心して検査を受けられます。

「水浸法」大腸内視鏡

『水浸法』大腸内視鏡(大腸カメラ)はほとんどの方が痛みを感じることなく受けられる検査です。

苦しくないから何度でも気軽に検査が受けられます。

『水浸法』大腸内視鏡(大腸カメラ)で受ける効果
  • 誰でも痛みなく検査が受けられる
  • 痛みがないから無理なく安全(腸に穴が開くなどの事故ゼロ)
  • 腸が癒着し、複雑な難しい人ほどメリットが大きい(他院で内視鏡挿入が難しく中断された方や痛みが強かった人ほど安心)
  • 無理なくスムーズな検査なので平均挿入時間が早い
  • スコープ挿入が早いので観察に専念でき、見逃しが少ない
  • 腸が無理に伸びたりしないからポリープ切除などの治療が安全に行える
  • 空気を入れないから検査後のお腹のはりや痛みがない

大腸内視鏡で痛みがおきる原因をご存知でしょうか?

それは「スコープを押しすぎて腸を伸ばしたりねじったりする」からです。ではなぜスコープを押さなくてはいけないのか?その理由は「空気を入れすぎる」からです。従来法ではつぶれた腸の中を空気でふくらませながら スコープを奥まで進めていました。そのため検査がすすむにつれて腸は風船のように空気でふくらんで伸びてしまいます。そうなるとスコープを押すことが多くなり痛みがおきていました。
そこで改良・工夫されたのが 『水浸法』です!

なぜ『水浸法』は痛みがないのか?

1 空気を全く入れない

スコープを奥まで進める際に空気は入れず少量の水を入れては 吸ってを繰り返すので腸がパンパンにふくらまず検査中だけでなく 検査後もお腹がはらずに痛みません

2入れる水の量も少ないから痛くない

従来法では空気を約1~2リットル程入れていましたが水浸法では 入れる水の量も約100~200ml程ですむので腸が伸びたりふくらま ないので痛くありません。

3水でスコープのすべりがよく、浮力が働くので無理にカメラを押さずに入る

腸の中に水があることでスコープとの摩擦抵抗が減り、浮力が働くのでスルスルとすべるようにスコープが進んでいきます。 従来法に比べて4分の1の力でスコープが進んでいくので、ムリに腸を伸ばしたりねじったりすることがありません。

4患者様一人一人の体格に合った内視鏡スコープを使うので痛くない

腸の形は患者様の体格やお腹の手術歴の有無によって全く違います。 その為、検査に使うスコープも患者様の腸に合わせた太さや長さの ものを選択することで元々の自然な腸の形でスコープを進めることが でき痛くないのです。

5スコープを無理に押さないので腸が伸びずストレートに入るから痛まない

もともとの腸の形は人それぞれですが、水浸法では腸を伸ばさずに引いて 腸を短縮し、たたみ込んでいきます。そうすると腸はまっすぐな状態で 個人差なく検査が行えるので痛みがおきません。

6少量の麻酔も使うので痛くない

水浸法では90%以上の方は麻酔を使わなくても痛みはおきません。 ただ痛みは肉体的な原因だけではなく、検査を受ける時の不安や緊張によってもおこり易くなります。
当院では肉体的・精神的な痛み全てを解消するために適時、少量の麻酔を使い、不安・緊張を抑えた落ち着いた状態で検査を行っております。 従来の検査法に比べると麻酔の量も少量ですみ、より安全に検査が行えます。検査後もすぐに歩いて帰宅が可能です。

7内視鏡がストレートに入るのでポリープ切除など、その後の治療も正確・安全に行えて痛みもありません

水浸法では腸がまっ直ぐな状態で入るので細かい操作が必要になる ポリープ切除などでもブレなく正確・安全に治療できます。その結果、 当院ではポリープの大きさや数に制限なく当日のポリープ同時切除が 可能です。原則、入院も必要ありません。

当日の空いた時間に受けられる胃・大腸内視鏡

大腸内視鏡あつぎ内視鏡・内科クリニックでは患者様の利便性を高めるために、当日の内視鏡検査に柔軟に対応しております。医師が緊急性が高いと判断した場合は、混雑時にも当日検査ができるように調整致します。医学的に緊急性を欠く場合には状況次第で対応しかねる場合もございますので必ず事前にお電話を頂けますようお願いします。当院では、できる限り早期に検査を受けていただけるよう当日の空き枠対応に積極的に対応致します。またキャンセル待ちも可能ですので、ご遠慮無くご相談、ご連絡ください。内視鏡検査は早期実施が重要です。

2ℓの下剤を飲まない大腸内視鏡(大腸カメラ)

従来法では大量の下剤を服用していました。

当院では下剤を飲まずに小腸に直接注入できます。

下剤を飲まずに受けられる大腸内視鏡(大腸カメラ)

これまでの大腸内視鏡の検査は腸の中に残っている内容物を全て洗い流す事が必要でした。2リットルもの下剤を飲むのは患者さんにとって苦痛で、非常に大きな負担になってしまいます。
そこで、あつぎ視鏡クリニックでは内視鏡的洗浄液注入法という方法を行う事で、患者さんの負担を軽減しております。
内視鏡的洗浄液注入法は簡単に言えば、下剤を内視鏡から直接、腸に投与する方法で、これまでの下剤を2リットル飲む治療に比べて非常に負担が軽い方法です。鎮静剤で眠っている間に内視鏡から下剤を注入し、2~3時間後には排便が終わるので、前処置が完了します。直接内視鏡を通じて投与するので、無理な投与にならず、多くの患者さんが楽に前処置を終えられたとの印象を持たれています。
※ごくまれに、便秘が強い方や大腸の癒着がある方には追加で少量の下剤を検査前に服用して頂くこともあります。

問題となる副作用が起こった事はこれまでに1度もなく、約9割以上の方が次回もこの注入法を選択されています。

デメリット

この方法のデメリットは、1日で2回内視鏡検査を受けなければなりません。
まず胃カメラを午前中に行い、その後3、4時間程の前処置を終えてから大腸カメラを行います。大腸カメラと胃カメラ間には時間が空くので、この間には外出も可能です。紅茶やコーヒーなどの検査に影響しないものであれば摂取も可能です。

胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査同時検査が可能

検査当院では胃カメラ検査と大腸カメラ検査を同時に実施することが可能です。医学的に特に患者様に負担となることはなく、内視鏡検査にあまり時間を割くことができないお忙しい方に特にオススメです。
前処置さえ済んでいれば(下剤を飲み終えていれば)胃カメラ検査と大腸カメラ検査は併せて30~40分程度で完了します。当院では、胃カメラも大腸カメラも眠った状態で受けられる無痛内視鏡検査を推奨しておりますので、同時に両方の検査を受けても、検査自体の体感時間は変わることなく、心身ともに負担が増えることはありません。当院と致しましても、内視鏡検査の同時実施は患者様の利便性が非常に高まるため、推奨させていただいております。
胃カメラ検査と大腸カメラ検査の同時実施を希望される方はご遠慮無くご相談ください。

こんな方にオススメ
  • 内視鏡検査に時間を割くことができない方
  • 癌予防に関心を持たれている方
  • 大腸カメラ検査を実施される予定の方

検査の流れ

Step1検査予約・留意事項

胃カメラの場合

胃内視鏡検査は、午前中の検査です。1日で出来る検査には限りがありますので予約制としております。
一度受診され予約をお取り下さい。
ご多忙でどうしても受診できない方は、ネット予約をご利用ください。
また予約に空きがある場合は、受診当日の検査も可能ですので、当日検査を希望される方は事前に電話でお問合せ下さい。
胃内視鏡検査を受けられる方は、前日の午後9時以降の飲食はなるべく控えておいてください。当日朝でも、水、お茶などの少量の水分摂取は大丈夫です。
(牛乳、乳製品の摂取は避けてください。)高血圧や心臓病、喘息の薬などは、内服して御来院ください。
検査の際には、唾液や検査用青色色素でお洋服が汚れる場合があります。襟元のゆったりした、多少汚れてもよい服装でご来院下さい。

(注)当日検査は予約状況次第で出来ないこともありますので、ご了承下さい。
(注)内視鏡検査では、必要に応じて生検(粘膜組織をかじりとって病理検査を行うことです)を行います。その際、抗凝固剤(血液をかたまりにくくする薬、血液をサラサラにする薬)を服用中の方は、出血が止まらなくなる恐れがありますので、こういった薬を服用中の方のインターネット予約は受け付けておりません。必ず事前に外来受診をお願いします。

大腸カメラの場合

大腸内視鏡検査は1日がかりの検査で、完全予約制となります。また検査前の診察が必ず必要になりますので、外来診察をお受けください。インターネットで仮予約を取られている方には、検査2週間前まで外来受診をお願いしています。期限内に外来受診されませんと、予約は自動的にキャンセルされますのでご注意ください。なお、下血などの症状のある方や急を要すると判断された方などは、当日検査を行うこともありますので、該当すると思われる方はなるべく食事を抜いてご来院ください。

(注)内視鏡検査では、必要に応じて生検(粘膜組織をかじりとって病理検査を行うことです)を行います。その際、抗凝固剤(血液をかたまりにくくする薬、血液をサラサラにする薬)を服用中の方は、出血が止まらなくなる恐れがありますので、こういった薬を服用中の方は、検査前に必ずお申し出ください。

Step2検査前

胃カメラの場合
来院前
胃内視鏡検査は胃の中に食べ物がありますと、検査ができません。そのため前日夕食は早めに済ませ、午後9時以降のお食事は控えてください。飲み物に関しては影響ありませんので、当日朝でも、水、お茶などの水分摂取は可能です。(ただし、固形物の含まれるものや、牛乳、乳製品の摂取は避けてください)また高血圧や心臓病、喘息の薬などは内服して御来院ください。検査の際には、唾液や検査用青色色素でお洋服が汚れる場合があります。襟元のゆったりした、多少汚れてもよい服装でご来院下さい。
来院後

外来で予約をお取りの方は来院されましたら、受付で胃内視鏡検査希望の旨、お申し出ください。すぐに検査の準備を致します。インターネットで事前予約を取られた方や電話予約の方、初診の方は、先に診察を受けて頂いてから検査となりますので、ご了承ください。
腹痛など症状のある方は、問診、診察後、胃内視鏡検査が必要かどうか判断のうえ、必要があれば検査を行います。

検査準備(中待合室)

検査のための着替えは御座いません。
検査前に消泡剤(胃の中の泡やたんぱく質を除去し、観察しやすくする液体です。)を飲んでいただきます。検査ご案内までリラックスしてお待ちください。
(注)検査でお洋服が汚れることが御座います。検査着を希望される方は、有料でのご提供となりますがスッタフにお申し出ください。

大腸カメラの場合
検査の前に

検査の3日くらい前から、きのこ類やこんにゃく、根野菜など、腸管に残りやすいものはなるべくとらないようにしてください。検査前日の午後9時頃に、お渡しした前日用下剤を飲んで頂きます。検査当日は、ご自宅で下剤を飲まれる方とクリニックで前処置を行う方とは方法が異なります。ご自宅で下剤を飲まれてから来院される方は、検査当日の朝、前もって指示されたお時間より当日用の下剤を飲みはじめて頂きます。約3時間ほどで前処置は終了します。排便が落ち着きましたらご来院ください。当日検査の方は、来院後、院内で当日用の下剤を飲んでいただきます。

来院後

便の状態を聞かせていただき、検査可能な状態かどうか確認させて頂きます。便秘のある方などで下剤の効果が不十分な方は、下剤服用や浣腸を追加させて頂くことがあります。残便やカスの多い便汁は内視鏡で除去できず、観察ができなくなりますので、ご了承ください。

検査準備

ロッカールームで、検査着に着替えて頂きます。検査着は大腸内視鏡検査専用のもので、汚れや羞恥心を気にせず検査がうけられます。

Step3検査(検査室)

胃カメラの場合

検査ベッドに横になって頂き、モニターを装着し血圧、血中酸素飽和度を測定します。検査用マウスピースをお口にくわえて頂きゴムバンドで固定し、準備が整いしだい点滴ルートから適正量の鎮静剤を注射します。わずか数秒で意識が「ボーッ」となり検査を開始します。検査中は意識がなく、検査も5~10分程度で終了します。*当院ではスプレーやゼリーでの咽頭麻酔は通常行いません。

大腸カメラの場合

検査ベッドに横になって頂き、モニターを装着し血圧、血中酸素飽和度を測定します。準備が整いしだい点滴ルートから適正量の鎮静剤を注射し検査を開始します。検査は2030分程度ですが、ポリープが多数ある場合などはさらに時間を要することもあります。

Step4検査終了後

検査後、覚醒を確認するために氏名と生年月日をお聞きします。確認が取れましたら検査室からリカバリー室まで歩いて移動していただき、鎮静剤の効果が消えるまでゆっくりとお休みしていただきます。
十分お休みいただいた後、すっきりと目が覚めた時点で、内視鏡写真をモニターで見ながら、検査結果をご説明いたします。

胃+大腸内視鏡検査

当クリニックでは、胃カメラ・大腸カメラの同日検査も行っております。
同日検査をご希望の方は、予約時にその旨お申し出ください。
検査の流れは、下剤注入のない場合は大腸カメラと同様です。
前処置終了後、検査ベッドに横になり、胃カメラ→大腸カメラと続けて検査を行います。

生体組織検査

生検後、稀に遅れて出血が起こる場合がありますので組織を採取された場合、出血予防のため検査当日はアルコールを控えて、刺激の強い食べ物もご遠慮ください。

鎮静剤の使用について

緊張や不安を取り除くために鎮静剤の注射を行っています。この薬剤の効果には個人差があり、眠気やふらつき感が残る場合があります。帰宅途中の事故を未然に防ぐためにも、検査後は車・バイク・自転車などの運転は控えてください。
鎮静剤の効果が消えるまでゆっくりお休みいただいてからお帰り下さい。

24時間WEB予約はこちら
一番上に戻る